ニュース

リンプレスの最新情報をお届けします


「デジタルリテラシー協議会」の賛同企業に登録されました

リンプレスは、デジタルリテラシー協議会が定義したデジタル人材育成への取り組み方針に賛同を表明し、同協議会の賛同企業に登録されました。

 

◆「デジタルリテラシー協議会」とは(引用:デジタルリテラシー協議会Webサイト) 

デジタルリテラシー協議会は、「より良い社会(Society5.0)の創出に向け、『デジタルを作る人材』だけでなく『デジタルを使う人材』の育成を通じて、社会全体のリテラシーレベルを向上し、日本の産業力強化に貢献する」という趣旨のもと、現代におけるビジネスパーソンのデジタルリテラシー「Di-Lite(ディーライト)」の整備と社会標準実装を目指し、設立された官民連携の会議体です。

詳細はデジタルリテラシー協議会のWebサイトをご覧ください。

◆「Di-Lite」とは(引用:デジタルリテラシー協議会Webサイト) 

「Di-Lite」とは、「デジタルを使う人材」であるために、全てのビジネスパーソンが、共通して身につけるべきデジタルリテラシー範囲です。「Di-Lite」は現在、「ITソフトウェア領域」「数理・データサイエンス領域」「AI・ディープラーニング領域」の3領域として定義され、その学習すべき範囲として、「ITパスポート試験」「G 検定」「データサイエンティスト検定」の3つの試験のシラバス範囲が推奨されています。

 

今後もリンプレスは“企業のデジタル化に貢献し、社会の変革を実現する”をミッションとして、企業のIT・デジタル化を推進するためのIT研修・コンサルティング・内製化支援といったサービスを通して、DXを推進する企業のデジタルリテラシー向上に貢献してまいります。